スマホVRの素晴らしさを教えます

ハローグッバイ。うみゆくです。

指の調子もだいぶ良くなってきたので、今日明日にはまた描いていきたいと思います。うん、描くよ。

とりあえず絵は置いときましょう。

今日はもっと高次元な話です。

はい、今日はVRvirtualrealityの話をします。

みなさんはVRを経験したことがありますか?

一度試したことがある人なら分かると思いますが、簡単に言えばその仮想空間に自分がいるかのような感覚を味わうことが出来ます。

海の映像なら本当に自分が海の中にいるかのように感じますし、山の中でも異世界でもなんでも可能です。VRに限界は無いのだ。

しかし昨年VR元年ということで世間で騒がれたものの、思ったよりもVRが普及していない気がしてなりません。

もっとフランクに言うと

え?なんでみんなVRしないの?

って感じです。

でもね。私もバカではないので原因は分かっています。

VR高すぎるよね。

参考までにAmazonで出品されているPS4のVRを載せてみますけど

VRCamera同梱版53978円

Amazon

高すぎ!!!

しかも追い打ちするようで悪いんですけど、この53978円はAmazonの希望小売価格なので、必ずこの価格で売られているわけではなく、今みたいに在庫が少ない時期は6万以上します。

いや、流石に高すぎる。PS4本体を持っていない人なら、合計で10万円くらいしますよ。

これではなかなか普及しないのはもちろん、このままでは世間的にはお金持ちの娯楽というイメージが植え付けられてしまいます。

まあ別にいいけど

本音はね。割とどうでもいいです。

それでも最近、安価でVRを楽しんでいる私としては、やはりみんなにも楽しんでほしいなと思ったしだいでございます。。

それでは前置きはこれくらいにして、そろそろ本題に入ります。

うみゆくプレゼンツ〜スマホVR〜

そう、VRがVRでも今回紹介するのはスマホVRです。

スマホVRというのは

スマホさえあればVRを体験できる夢の装置です。

しかもそんなに高くないです。5千円以下。すごい!

でもそんなに安いと映像の質とかも大したことないんじゃないの?

と思うでしょう。

はい、正直に言えば映像はチープです。

特に私は一度ガチVRを経験している身なので、よけいにそう感じました。

しかし!!!

十分です。チープだけど全然オッケー。

映像のチープさよりも、VRのダイナミックさの方が勝ります。

映像の質は数年後、もっとVRが浸透したときにでも気にすればいいのです。

まずは、VRを体験する事。これがもっとも重要なのではないでしょうか。

まあでも、さすがに映像がチープすぎると、せっかくの初VR体験が台無しになってしまいます。

初体験というのは大事ですからね。VRにしろなんにしろ。

というわけで、VR初体験の方でも、VR経験者の方でも満足できるスマホVRを紹介します。

それがこちら〜

CanborVRゴーグルBluetoothコントローラ付属

Amazon

値段は大体3400円くらいです。安い。

実物はこんな感じ。

取り付けも簡単だし、イヤホンも装着しながら使用できるのでストレスなく使用できます。

付属でコントローラーも付いてきて、VRを視聴しながらでも画面の操作ができます。私は使った事ないですけどね。使わなくても何とかなります。

あと唯一の欠点が、iPhone7だと音量を上げ下げするボタンと、VRのスマホを挟む部分がちょうど重なってしまって、たまに音量マックスになること。

でも一度音量マックスになった後に、音量を調整すれば、それ以降音量が変わることは無いので、そこだけ注意して使用すれば鼓膜が破れたりすることはありません。

後はもう見るなり抜くなり好きにどうぞ。

ちなみに私がスマホVRを使用している時の顔がこれ。

人には見られないように気をつけよう!!!

それでは