シャトル雑感

 13日早朝、孫等の守のため関東に移動した帰りは24日の予定だ。

山から下りる時燃費計を見て驚いた。殆ど99.9キロ/リットルを示している。

瞬間燃費は60キロをずっと振り切っているし、累計燃費が前記の状態だ。

EV走行なのだろう。一般道に出ればみるみる燃費は下がるがそれでも高速に入った時で30キロ台だったと思う。凄い記録が出るかもと一瞬期待した。

 第1印象は非常に静かと言うことだ。CR−Zもボディー形状から静かな印象だったがそれを上回る印象だ。風切り音もない。

 意外と加速も良い。大体AT車は初めてだからよく分からないが、アクセルを踏み込むとブィーンと軽快に加速する。初期慣らし運転だから余り回って欲しくないのに。

タコメータは役に立たないのが付いているが見たくもない。見ても判らないのだ。

 燃費は高速巡航中は瞬間燃費計は15(30メモリの半分)のメモリを2セグ超えている。

21キロくらいか。CR−Zと同じで良いと思う。

ただ、関東に近付くにつれて徐々に下がっていった。標高が上がっていたのかも知れないが。

最終的には20キロ/リットルだった。満タン法では19.9キロ。CR−Zの時は20.1キロか、ルートが違うから正確な比較は出来ないが。

 帰路では逆に静岡までは下がったが、浜松で下げ止まり、以後少しずつ燃費が良くなっていった。最終的には早島ICで降りて21.6キロ、満タン法では20.5キロだった。CR−Zより2リットル少なかった。

 荷室は広い。行く時の荷物も難なく収容して余裕だった。

CR−Zを殆ど全て超えていて良い車を選んだ感が強い。

しかしながら不満は2点ほどある。

 一つはATのため、ギヤが任意に選べないこと。

 ギアは、7速まであり、かなりは意義ヤードだ。そして高速ではもう少し低回転での巡航を期待していた。ところが7速に入らない。一般道ではまず入らない。高速では入っているが登りに掛かったらさっさとシフトダウンしてしまう。状況によっては5速まで落としてエンジンを唸らせながら走っていく。私はそんな運転は好まない。落としても6速では走れるだろう。まだ慣らし中だし、漸く1500キロを超えたくらいだし。

 パドルシフトが付いていてギヤを手元で動かすことも出来るが、基本はATなのでパドルで上げても受け付けない。マニュアルモードにしても同じ事だ。

 下り坂でも律儀にエンブレ利かしているのでギヤは低いままが多い。

交通量、傾斜具合、スピードを勘案してハイギヤのままで十分な時も登ったギヤを基準に下っているようだ。5速に落として、エンジン唸らして下らなくても良いと思うの。

ただ、行きよりは帰りの方が7速に入っているのが多かった気がするので、もう少し慣れると7速に入るのかも知れない。

 もう一つはサスもシートも柔らかく、僅かだがふわふわ感が残りコーナーで膨らみ気味(アンダーステア)になることだ。初めての経験かも。

車の性格はCR−Zと違ってファミリーユースだから柔らかくても大きな問題はないし、現実にCR−Zよりは楽だったので良いのかも知れないが、狙ったコーナより少しアウトに膨れるのが気になった。

 総じては良い車だと思う。これで全国、今まで縁のあった土地を走るのが楽しみだ。

広告を非表示にする